ぼくが乳児の位はうちで猫を2匹飼っていました。

その猫は全員ぼくが近所の引っ越してしまった建物から、取り残されてうろうろしていた猫を拾ってきたのでした。

ぼくは猫が好きなのですが、結婚してから同居やるダディやダディの父兄が猫が下手から飼っていません。

それでも最近は端末で猫の音を見て楽しんでいます。

単に子猫が素晴らしいと思います。

じゃれている猫はこの世で1番愛くるしいというほどだ。

猫が飼いたいというダディの父親に言ったことがありましたが、自分の生きているうちは絶対に無理だといわれてしまったのでした。

猫が下手とか理解できません。